2007年08月07日

はだしのゲン(ドラマ)

はだしのゲン,懐かしいですね。

子ども頃に小学校の学級文庫で何度も読んでいました。

はだしのゲンのような強い子どもは今はいないんじゃないかな。

はだしのゲンのドラマ楽しみです。


はだしのゲンの関連記事です。


『はだしのゲン』 ドラマ
『はだしのゲン』は、中沢啓治による、 じぶんの原爆のひばく体験を元にしたマンガ。 『はだしのゲン』同タイトルでリアル版映画やアニメ映画化もされとるちうわけや。 2007年には初めてテレビドラマ化される...

祈りの季節〜「夕凪の街、桜の国」
いわゆる“広島”を題材としたまんが作品というと「はだしのゲン」 を誰もがあげられると思います。この作品は原水爆に対する“怒り”が根源にあって、それが作品の全体にわたって見受けられます。 それに対して「...

扇風機を付けたまま寝ても死なない事が判明等
仕事始めて一日平均睡眠時間が4時間になったからこのブログが劣化してるんだ!そう思いたい。 閲覧注意:すけべAV「ギャル糞根 大食いうんこ」(ニュー得ブログ) 食べたーいなんつて はだしのゲンで「くやし...

原爆投下。
今日も、ニュースでちらっと原爆の話やらはだしのゲンやらなんかやってたのですが、それだけで泣いてしまいました・・・(笑) そういえば、修学旅行で広島の原爆ドームに行きましたよ。当時を生々しく再現した人形...

キーワード:櫻井淳子
水郷祭をしらべてみました 今日の気になる他のキーワード 櫻井淳子 はだしのゲン AAA NHK カレンダー HIS ケロロ軍曹 DION ... (続きを読む); 桜井淳子が第1子の女児出産: 櫻井淳...

はだしのゲン
はだしのゲンがついに映画化されるそうです。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070804-00000014-jij-soci 米国で上映されて話題になった「ヒロ...

はだしのゲン (1) [漫画コミック]
はだしのゲン (1), はだしのゲン (1) 中沢 啓治 (1998/05) 中央公論社 [マンガコミック] この商品の詳細を見る 1945年8月6日、広島上空で原子爆弾が炸裂した。 著者の少年期の体...

はだしのゲン 涙の爆発
今月の上映作品は、8月フジテレビで放送される「はだしのゲン」に先駆けて、「はだしのゲン 涙の爆発」↓ Photo . 1976年のはだしのゲンに続く第2作目。 アニメのイメージが強い作品だが、れっきと...

はだしのゲン?
先日、フジで放送予定の「はだしのゲン」のドラマ広告を目にしたんですが、 なんすか、あの感動系お涙頂戴感満載の雰囲気は……? 実はドラマ化決定当初から、色々なところで危惧はされておりました。 原作をお読...

はだしのゲン
はだしのゲン 戦争物語の名作を初のドラマ化。 徹底した反戦思想を持った父 中岡大吉役に中井貴一、懸命に子どもたちを育てる妻 君江役に石田ゆり子、逆境にくじけない明るさと強さを持った少年 元には、オーデ...

「はだしのゲン」の真実のドラマ
「はだしのゲン」は、中沢啓治による、自身の原爆の被爆体験を元にした漫画である。 「はだしのゲン」のタイトルで実写映画やアニメも映画化もされている。2007年に初めて「はだしのゲン」がテレビドラマ化さ...

8月6日。広島原爆の日でした!
... (ドラマ「はだしのゲン」の長めの予告番組を見て泣いてしまいました。) 私は小学校、中学、高校と市内中心部の場所にあったため(爆心地近くです。)平和教育というものを受けて育ってきました。 ....

平和ボケ
... 小学生中学年の頃、算盤を習いに通っていた公道館に置かれていた「はだしのゲン」を、夕方〜暗いなか、見た画は、どれも、この世のものとは思えないさまで。 ... 戦争について感じた出来事は、はだし...

HIROSHIMA
... ふと、『はだしのゲン』を思い出したよ。 小学生の時に夏休みの体育館で放映されたんだけど、暑かったぁ。 ゲンと自分と重ね合わせて見てたな〜と思って。 妹が死んでしまうところと、野菜泥棒して農家...

戦争の放棄
... この日、県内の中学校は、登校日となり、 「はだしのゲン」などの戦争映画を観る。 私は、山口県出身なので そういう経験がなかったが、 子供が学校に行くようになって 広島はそうなんだと知っ...

【平和に関する瞑想と妄想】
... 「はだしのゲン」を見た。  衝撃が大き過ぎた。  やりきれなかった。  あまりの残酷さに、涙が止まらなかった。  あの場にいたら、俺はどう行動しただろう。  行き続ける気力が、あっ...

たいせつなこと。
... 翔くんも言ってたけど、「はだしのゲン」も読んだよね。 いまでも平和だとは十分には言えないね。 世界みんなが仲よく暮らせますように。 さて。8月もあっという間に一週間が過ぎたよー。 早...

シを招くココロ
... 今度、「はだしのゲン」がドラマ放送されるんだっけ? 多分、原作通りの表現は厳しいのでちょっと濁したりすると思うけど 期待してます。 今すぐ死にたいとか言ってるくせに。 ...

げん。
... 原爆を題材にした漫画が「はだしのゲン」です。 今週末の金曜土曜に二夜連続でドラマが放送されるそうです。 何を隠そう、僕は小学校から高校まで、かなりのはだしのゲン好きでした。俗に言うはだし...

「はだしのゲン」中沢啓治さん、広島のクラブでトークライブ
六本木経済新聞
漫画「はだしのゲン」の作者・中沢啓治さんのトークライブが8月6日、クラブ・ムゲン(広島市中区薬研堀)で開催された。主催者は、薬研堀のバー「スワロウテイル」経営者、冨江洋二郎さん(28)。 中沢さんは、...

はだしのゲンのドラマ化に原作者も感慨深げ
インターネットTVガイド
あの経験は絶対に忘れません」 こう話すのは、8月10、11日放送のフジテレビ系「“千の風になって”ドラマスペシャル はだしのゲン」(いずれも後9・0)の原作者の漫画家・中沢啓治さん。 自身の被爆体験を...

中日春秋
中日新聞
『はだしのゲン』で知られる漫画家の中沢啓治さんは、六十二年前の今日の記憶は今も鮮明で、「あのセットをつくれと言われたら、そのままつくっちゃいますよ」と話している。父と姉弟を失った日であり、記憶とはとき...

「ゲン」の原点、映画化へ=原爆漫画の1作目・中沢さん
時事通信
広島に落とされた原爆で被爆した少年を主人公にした長編漫画「はだしのゲン」の作者中沢啓治さん(68)が、その原点といえる原爆漫画の第一作「黒い雨に打たれて」の映画化準備を進めている。「戦争、原爆の恐ろし...

20年目迎える平和を考える映画会、18日開催/逗子
神奈川新聞
昨年までは池子小の体育館で「はだしのゲン」や撃沈された疎開船対馬丸を描いた作品などを上映してきた。 十八日は午後二時開演。「NAGASAKI 1945」は一昨年、八十九歳で死去した医師秋月辰一郎さんが...

ドラマで伝える「戦争」 名作を原作に各局特番
朝日新聞
広島に投下された原爆の悲惨さと、その後も力強く生き抜いていった家族を描く「はだしのゲン」(10、11日の2夜連続、フジ系)は、73年に少年マンガ誌に連載されたベストセラーが原作。意外にもテレビドラマ化...

「友達亡くしつらかった」 広島の資料館で被爆証言
中国新聞
原爆資料館元館長の高橋昭博さん(76)は、けがをした友人を励ましながら逃げた体験を、絵や写真を使って説明。「多くの友達を亡くしたことが一番つらかった」と振り返った。 東京都練馬区の小学五年高野怜奈さん...

posted by yume at 05:54| Comment(0) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

はだしのゲン
Excerpt: はだしのゲンならこれ! 佐賀市平和展:世代超え語り継ごう 日本兵の ...話題のひぐらしのなく頃に解って知ってます?−( 芸能\も金融も経済もまとめて情報館 youtubeも♪) ..
Weblog: 芸能人壁紙
Tracked: 2007-08-13 17:23

はだしのゲン ストーリー
Excerpt: 「はだしのゲン」高視聴率 佐賀・武雄市でロケのドラマ 「がばい」に続き知名度アッ...
Weblog: ニュースを愛して
Tracked: 2007-08-14 05:46

千の風になって はだしのゲン
Excerpt: はだしのゲン情報をお届け!−帰省ラッシュの名神で多重衝突、トラック ...
Weblog: news
Tracked: 2007-08-14 07:00

秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-B
Excerpt: 面白かったです。新海監督の作品は「雲のむこう〜」ではまりました。だんだん映像や音楽がレベルアップしてる事にも感動を覚えます。お話しも私はとても好きな感じでした。ただ「ほしのこえ」から三部作テーマが同じ..
Weblog: 映画 ドラマを...
Tracked: 2007-09-30 13:27


Excerpt: 中央公論中央公論(ちゅうおうこうろん)は明治時代に創刊され、大正・昭和・平成と続く月刊誌(総合雑誌)。現在は中央公論新社が発行する。前身は西本願寺系の普通教校(龍谷大学の前身)学生有志で組織された反省..
Weblog: 雑誌辞典
Tracked: 2007-12-11 16:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。